にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ

2009年05月01日

4日目

昨日は、英語に関する身勝手な記述をしてしまい誠に申し訳ありませんでした。物事が上手く行かなかったりすると、人間往々にして自分勝手になるものでございます。逆に自分を責めすぎるのも良くないから、迷惑のかからない範囲で身勝手なのはむしろ精神衛生上、より良いのかもしれません。私なんか、若い頃と違ってどんどん身勝手になってきていますが、全く反省しないわけでもなし、このほうが楽でいいです。

英語もヒヤリングあたりから勉強する気が全くないわけではないのですが、この種のことはやる気があっても今までさんざん空回りしてきた部類に属しますので、あまり不確かな未来について語るのはやめておいたほうがいいと心得ています。

さて、昨日言っていた部屋にテーブルと椅子がない件ですが、今朝フロントに行ったところ、昨日のボスらしき人が居て、やはりちょっと英会話で苦労したものの、何とかテーブルと椅子がある部屋にチェンジしてもらえることになりました。アップグレード料金の話なんて全くありませんでした。私の元の部屋は、Expedia で一応希望した2ベッドルームでした。チェンジ後の部屋は、ワンベットルーム。どうやら、もともとワンベットルームには、テーブルと椅子が付いているようで、それどころか簡単な机ともう一つ椅子が付いていました。まあ、大方そんなところではないかと想像してはいましたが、そのとおりということになりました。そんなことが多いですよ、最近は。大体常識的な線というのがありますからねえ。もっとも、Expedia で予約する時点では、そこまでの先見の明がなかったのは言うまでもありません。

それにしても、一昨日の女性スタッフは、ホント不親切だったなあ。まあ、ボスとスタッフの違いと言ってしまえばそれまでですけど。まあ、いろいろな人々が居るのが人間社会ですから、個人を責める気はさらさらないです。起きたことが全てですし。あるがままあるがまま(新しい慰めの呪文、お使いください)。

しっかし、チェンジした部屋、やたらエアコンが効くー。というか、前の部屋が効かなかったと言うべきで、それは薄々感じていたことでしたよ(笑)。人間より大きい不平不満があると小さい不平不満は往々にして気にならないもので・・・。ところで、その他の違いとしては、チェンジ後の部屋はシャワーのみということ、ただしシャワーは手で持ってできるタイプ。まあ湯船がないのは、スパーに行けばいいことだし、普段はシャワーのみで十分、しかもシャワーは手持ち式で使いやすいと来てる(ちなみにバスルームはハンディキャッパー用のようで、やたら広い)。部屋のえもん掛けは無くなったけどね。あるがままあるがまま。

部屋に蛾が一匹居たので、必死こいて外に逃がした。パアーっと嬉しそうに飛んで行ったよ。部屋にもう居ないことを祈る。

宿 21.JPG

宿 22.JPG

宿 23.JPG

宿 24.JPG

宿 25.JPG

宿 26.JPG

本日は、左足の薬指あたりが痛かったので、あまり歩くプランは止めといたほうが良いと思い、主に座ってじっとしているのを選びました。座ってじっとしているということは、大方何らかのカジノゲームをするということになります。腹が減っては戦が出来ぬとばかりに、モーテルの近くにあるCoco's とかいう店に入ってみました。

Coco's.JPG

入ったのはいいけど、メニュー見てもあまり食べたいものがなく、仕方なく春巻きみたいなのとコーヒーを注文しました。どっちもあまり美味しくないですな。ステーキでも食べればよかったのかもしれませんが、$15くらいだったので昼飯にしてはちと高いと思い止めました。コーヒーは、スタバなどの味に慣れるとアメリカンコーヒーは基本的に不味く感じてしまいます。でも、アメリカのスタバよりも日本のスタバのほうがクリームが濃くて美味しいと思いました。アメリカのスタバのはミルクといったかんじで、濃いクリームのは置いてないのです。ミルクを入れるとコーヒーが薄くなってしまいます。コーヒーは、フレンチローストのマンデリンあたりを自宅で飲むのが一番で、この味はスタバの大方のコーヒーの味に勝ります。

さて、先日エクスカリバーのポーカールームでマシン式のポーカーの操作の仕方を教えてもらったので、やってみようと思いエクスカリバーに行きましたが、やはり昼間はお客さんが少なくてテーブルが立っていませんでした。訊いてみると、夕方5時か6時にならないとダメだそうで、それまで待っているのも何だし、レイキが10%も取られるゲームを無理にすることもないと思い、ポーカーはまたの機会にしてダウンタウンに行くことにしました。

今のモーテルは、部屋をチェンジしてもらってからはけっこう気に入っているのですが、ノースストリップやひいてはダウンタウンまで行くのに時間がかかるのが難点です。ダウンタウンはどこに行くにも便利な拠点なのでダウンタウンに宿泊するか、あるいは以前よく宿泊したノースストリップあたりが場所的にはいいのですが、ノースストリップはスターダスト跡のあたりが再開発中で裏のバジェット・スイートが無くなっているのが痛いです。別のバジェット・スイートも含め、安くてネット環境もありコインランドリーも使えるアコモデーションを現在物色中です。

さて、ダウンタウンでは、3時間ほど25¢ピッケムを打ちました。吠太郎さんの現在は無料提供中のストラテジーも印刷して持ってきましたが、9年前に使用した戦略表のほうが私の場合慣れているので、難しい場面では、それを見ながらプレーしました。このゲームはつまるところ4カードが何回出るかで大方決まってしまいます。今日は$20札を3回投入したあたりで、「5」の4カードが出て、しばらくしてまたしても「5」の4カードが出ました。一度「5」の4カードが出てからは、もう一度「5」の4カードが出ることを心で念じていたので、実現してびっくりです。結局$100ほどのプラスで終えられましたが、最もいいところで終えれば、あと$100くらいありました。あっという間にクォーター400枚ほど無くなってしまいました。4カードが2回出てて良かった良かった。

プレーヤーズカードをチェックしてみると、539ポイントしか貯まっておらず、1000ポイントで$1キャッシュバック、600ポイントで$1フードコンプですから、例えばトニーローマで食事をしようと思えば、12000ポイントとか15000ポイントとか貯めなければならず、すなわち60時間くらいプレーしなければなりません。以前は、フリーモントホテルに宿泊して毎日7〜8時間プレーしてルームコンプとフードコンプ(バフェィが中心、たまにトニーローマ)もらっていたのですから良き時代でした。当時世話してくれた女性カジノホスト2人のうちの1人はまだ勤務しているようなので、交渉すれば何とかなるのかもしれませんが、フリーモントホテルに宿泊しているわけでもないし、当時のような意気込みもないので、ずうずうしい私としても遠慮がちになります。

そんなわけで、ポイントでトニーローマやシーフードバフェィ食べるのは大変だし今日は儲かったことなので、昼にCoco'sで食べるのを躊躇したステーキの代わりにトニーローマのスペアリブをお金を払って食べることにしました。ビールはもちろんサムアダムス。今日は、写真も少ないのでレシートでも載せておきますか。レシートには書いてないですが、もちろんチップは15%ほど払っていますのでご心配なく。

レシート.JPG

トニーローマで食べた後、プラザホテルに行ってワイヤレス・インターネットの使用料を聞いてみたら、一日につき$11とのことで、幾ら宿泊者用のコインランドリーがあり、Expediaで安く出ているからと言って、ちょっとねえと思いました。

あと候補としては、かなり遠いけどサムズタウン? Expediaではかなり安く出てるみたいだけど、あとはインターネット料金と、コインランドリーを使うために近くのバジェットスイートなどのモーテルに潜入しなければならないことかな。以前コンプで10日ほどだったか泊まったことがあるので、部屋はけっこう綺麗なのは知っている。そのときは、コンプのためにサムズにしばらく常駐したから良かったけど、今回はルームコンプしてもらうつもりはないから常駐するわけでもなく移動が大変そう。

あとは、バジェット・スイートか? スターダストの裏のバジェット・スイートが一番便利だったんだけど無いものは仕方ないので、他のバジェットを当たってみるか。バジェット・スイートの場合は、場所とインターネットの問題がクリアされれば悪くない。炊事場と冷蔵庫が付いており、炊事場はあまり使いそうもないが、冷蔵庫はあったほうがありがたい。飲み物冷しておくくらいだけど。


posted by frugal gambler at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。