にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ

2009年05月11日

13日目

昨日は、キャットバスに少し乗ってメリーランド・パークウェイ沿いのIACEトラベル・ラスベガス営業所に行きました。途中、吉野家がありましたので牛丼を食べてみましたが、日本のとはちょっと味が違いました。あ、吉野家の写真を撮り忘れたー。

IACEトラベル・ラスベガス営業所.JPG

私は、10年前・9年前もIACEトラベルさんを利用させてもらっています。お名前を覚えている方としては平木さんや加藤海道さんですが、小回りの利く親切な対応に満足しています。今回のラスベガス・オフィスの方々も英語をお話になるアメリカナイズされた方々ですが、やはりどこか日本的な物腰の柔らかさが感じられて、アメリカ人のフレンドリーさとは別の良さを感じることができました。

すぐ向かいにラスベガス大学がありましたので、学内を少し散歩しました。

ラスベガス大学 1.JPG

その後ストリップに戻りまして、以前2週間ほどだったかコンプとカジノレートで泊まったNYNYのクライスラータワーのエレベーターホールの写真を撮りました。懐かしいなあ。

NYNYクライスラータワー・エレベーターホール.JPG

NYNYクライスラータワー・エレベーターホール 2.JPG

新フォーコーナーでまだ写真撮影してなかったトロピカーナも撮ってやらなければ可哀想だと思い撮りました。ついでにMGMの表側も撮りました。そして今泊まっているモーテルのお隣さんのフーターズ(旧名称サンレモ)も撮りました。

トロピカーナ.JPG

MGM 2.JPG

フーターズ.JPG

さてさて、こうして旅してきて思ったことは、私のラスベガスはやはり9年前に終わっていた、ということです。10年前・9年前は、ブラックジャックのカウンティング、フルペイビデオポーカーの最適戦略+コンプといった明確で強烈な目的意識を持って旅行していたので、それらに関係ない細かいことは全く気になりませんでした。一方、家の改装工事の喧騒から逃れるのが主目的だった今回は、ラスベガスのうるさい音楽、あちこちの従業員のホスピタリティーの無さ、そして、あちこちで話されている英語も騒音(若干のストレス)に感じました。別れた恋人同様(ちなみに私自身には、そんな人はそれほど居ない、笑)、かつて愛したラスベガスを悪く言う気はさらさらないですが、もはや当時燃やした情熱のかけらもなくなってしまって、今となっては場違いな所に来てしまったということかもしれません。もっとも今回の旅行も、それなりに楽しかったですよ。

私の過去の海外旅行は、観光旅行が主目的というのは一度もなくて、常に目的がありました。チェスのアジア大会でマレーシアはクアラルンプールへ2回行きました。和尚ラジニーシのアシュラムに行くためにインドはプーナに1度行きました。ルーレットのワンツースリー・ウェイ(マーチンゲールの一種)やブラックジャックのカウンティングで韓国はソウルへ4回、そして先に書いたようにブラックジャックのカウンティングやビデオポーカー+コンプなどでラスベガスが4回(内一回は途中からチェスの大会のためリノへ、一回はチェスの大会のためシカゴ経由でラスベガスへ)、以上が私の過去の全海外旅行です。これに私にとっては蛇足かもしれない今回のラスベガス旅行が付加されました。

旅行にまつわる話は、こちらこちらをご覧ください。

これまで冴えないブログにお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。皆様の今後のご幸運をお祈りいたします。


posted by frugal gambler at 03:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。